TOPICS

いい中古車と出会うには?見つけるには?見極めるには?

中古車 悪い 見分け方

中古車を選ぶ際に現在ではほとんどの方がネットやポータルサイトをみて比較検討をする人がほとんどですが、これは中古車業界全体で考えれば比較することによりサービスの向上や金額の適正化が行われユーザーにとって非常にいい流れです。一昔前は故障や修復歴を隠したりメーターの改ざんなど横行していた業界であるというのも残念ながら事実ですがここ最近は、オークションやネットの普及によりそのような中古車業者というのは淘汰されつつあります。中古車選びではその中古車屋がどういうスタンスで経営しているかでその買い物が「よかった」と思うか「失敗したな」と後悔するかが大きく作用するものです。そこで今回はSMAC JAPNが思ういい中古車屋の見極めを解説・説明してみました。

ジープラングラー

新車で納品待ちなどなくすぐに納車ができます!!
カスタム方法もたくさん!レジャーにも!!
新車なので状態はバッチリ!試乗OK!
お支払いなど各種相談OK!!お気軽に!

①お客様のニーズ・要望をしっかりと理解しているか。
車 中古車 相性

まず、中古車は新車と違い状態や年式など判断基準が多岐に分かれます。この時点でお客様と販売員とのコミュニケーションが重要になってきてます。「安い車」「いい車」「こんな車」など結構話に出るワードですが人によっては50万が安い車と感じたり200万が安い車と感じたりその感覚は人それぞれです。それは「いい車」「こんな車」も同じで人によってその定義はまちまちです。その擦り合わせができていなければ違った車の提案や条件で話が進んでしまいます。もちろん最後には契約書を互いに結び合うので書面で残すのでミスマッチしつつ契約が結ばれることは基本的にありませんが、「その時に一番適切な車」に出会えるかといえばそうではありません。販売員が判断した「この車がいいだろうな」と感じたものがお客様にとってそうではなく、その選択肢の中では一番いいという形になるケースもありえてしまうのです。それはベストとは言えないですね。このように自分が行っていることが販売員にちゃんと伝達ができているのか・汲み取ろうとしているかが重要になってきます。もちろん汲み取ろうとする姿勢は第一条件で前提とも言えますが、こればっかりは人と人との相性によりますので、これまた人によっていい中古車屋が違うのも事実です。先述した、「汲み取ろうともしない販売員」であれば選択肢から外すことがベストな選択肢と言えるでしょう。

②推奨:アフターサービスの内容
中古車屋 アフターサービス 保証

これは必須条件というわけではなくあったほうがいいよという推奨ベースの判断基準になります。アフターサービスがある中古車の方が粗悪な業者の確率は下がると言えるでしょう。販売した後に不具合や瑕疵があった際にクレームがあった際に対応をしてくれる為です。アフターサービスがしっかりしているということは販売する時点での瑕疵などはしっかり伝え、起きるべきことは事前に伝えるケースがほとんどです。売って完了というケースでは「知りません。」「乗り方が良くなかったのでは?」「運が悪かったですね」と済まされてしまうケースもありますがアフターケアや保証が付いているということはある程度の販売する時点での問題はないという根拠にもなります。

③Noと言える販売員か。
中古車 選び方

これもやや偏った意見にはなりますが、やはり「No」と言える販売員は信用できるのではないでしょうか。顧客が気に入っていても今後不利益が生じる場合がある時はきっぱりと「NO」と言えるのが本当の販売員なのではないでしょうか。YESマンの営業マンは顧客に取り繕うだけで顧客の長期的なメリットが提示することが難しい場合もあります。「できません」「やりません」だけがNoではありません。長らく中古車業界にいたからこそわかるデメリットもSMAC JAPNではお客様にお伝えできればと考えています。それは中古車の中でも外車を扱う当店では業界平均よりも長い保証をつけており修理から車検まで一貫して依頼を受け付けており長くいい車を乗って欲しいという重いから「NO」という時がございますがその理由もきちんとご説明いたします。

SMAC JAPNでは年末年始にかけて高級外車の買取を強化しております。1円でも高く売りたいと思うのが普通の考えですので相見積もりでも大歓迎でです。もちろん出張費・見積もり費用はかかりません。もし遠方の方であれば写真などでの簡易査定も行なっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

株式会社SMAC JAPAN

当店は、車の販売や買取はもちろんの事その他車に関する事ならなんでも引き受けております。お気軽にご相談ください

関連記事一覧